株式投資による資産運用でがっちり稼ぐ

「資産運用」の方法には、普通預金、定期預金、外貨預金、株式投資、投資信託、外国為替証拠金取引などさまざまな方法が存在します。
その中で、「株式投資」による資産運用のポイントについてご紹介します。
「株式投資」とは、読んで字のごとく、企業の株に投資して、取得価額と売却価額の差額で利益を稼いだり、配当などで利益を稼いだりする手法です。
「株式投資」は大きく、国内企業の株式への投資と海外企業の株式への投資のふたつに大別することができます。

「株式投資」で大きく稼ぎたいという場合は別ですが、リスクをできるだけ低く抑えつつ資産運用を行いたいと場合は、国内企業の株式への投資をおすすめします。
なぜなら、外国企業の株式への投資は大きなリスクを伴うからです。
例えば、海外企業の株価は海外市場の状況に大きく左右されます。海外市場の状況というのは、日本市場の情報よりも少なく、入手するのが難しいと言えます。情報がなければ投資、売却のタイミングの判断を見誤る原因となり兼ねません。
また、発展途上国などで近年急速に発展を遂げている国にも特有のリスクが存在しています。

発展し続けているときはいいのですが、成長が鈍化することによって、思わぬリスクを被る可能性もあります。

リスクを抑えた資産運用をお考えの場合は、国内株式への投資を検討するのが良いでしょう。いまではネット証券でオンライン取り引きをすることで取引手数料を抑えることが可能です。